フルオーダーメイド矯正治療

▹ フルオーダーメイド矯正治療とは

当院では精度の高い矯正歯科治療の実現のために、患者さんの歯や顔の状態、院長自らが主に行う精密検査の結果などから、治療には「裏側矯正でも装置を口腔内で装着(ダイレクト法)」と「1本の直線状のワイヤーから屈曲するオーダーメイドのワイヤー」を使用します。この手作りともいえる「フルオーダーメイド矯正」は手間はかかりますが患者さんの個性に合わせたきめ細かい治療が実現できるので、「美しい顔」と「理想的なかみ合わせ」が獲得できます。

▹ オーダーメイドのブラケットとは

「裏側矯正(舌側矯正)」は歯の裏側(歯の裏側は表側よりもデコボコしている)に矯正用ブラケット装置を装着するため、高度な治療技術が必要です。通常はその位置の決定は口腔内で行うのは難しいため、院外の矯正専門の技工所へ依頼することになります。一時期は最高の間接法を求めて色々試しましたが、実際に口腔内に装着するのはドクターであり、間接法で使用する位置を誘導するテンプレートがあってもズレが生じてしまうのが課題でした。当院は口腔内用ミラーを2種類使用した独自ミラーテクニックや高性能なカールツァイス製ルーペを使用し、直接口腔内で正確に装着することが可能となりました。

直接法(口腔内) 間接法(技工所)
術者の技術と知識経験が重要 技工士さんの手腕が非常に重要
装置のズレを確認しながら装着可能 歯の形態によっては装着時にズレやすい
治療中、装置の位置変更が容易 治療中、装置の位置変更が煩雑
診断後、即時に装着可能 診断後、約2~3か月後に装着
接着剤のはみ出しが少ない 接着剤が周りの組織に流れやすい
歯肉の切除はほとんど必要無い 歯肉の切除が必要なことがある
ワイヤーを自ら曲げる必要がある 何本かのワイヤーは完成状態で届く
技工によるコストが節約できる 技工によるコストが高価になる

▹ オーダーメイドのワイヤーとは

オーダーメイドオーダーメイドオーダーメイド治療中に装着するワイヤーは既製の形のものは使用せず、患者さんに合わせてワイヤーを曲げます。この治療法は手間がかかりますが自由自在の調整が可能です。院長自身は全国的にも取り入れているところが少ないワイヤーを自分自身で屈曲する治療法を大学病院時代から研鑽を重ねてきた自負があります。さらに、治療中も歯の動きに応じて細かい調整を行い、患者さんの要望も取り入れながら希望の歯並びを目指します。