▹ インプラント矯正とは

▹ インプラント矯正で治療期間を短縮

インプラント矯正最新の治療として、矯正用インプラントアンカースクリューという直径が1.4から2.0mm、長さが6.0から10.0mmのねじのような細いスクリューを骨の中に埋め込み、これを矯正治療に効果的に利用する最新の治療があります。通常の歯科で使用するインプラントと比較すると非常に細く、埋め込む際もほとんど痛みはありません。力を加えると動いてしまう歯とは異なり、この矯正用インプラントは細くて小型にもかかわらず、力を加えても動かないために「絶対的な固定源」(絶対に動かない土台)となります。この動かない土台を利用して、効率的かつ安全に歯を動かすことが可能となり、「治療効果の向上」・「治療期間の短縮(スピード矯正)」期待できます。また、この矯正用インプラントは治療後に撤去いたしますので患者さんへの負担も少なくなっております。

インプラントを植立する部位について

矯正用インプラントはうまく使用すれば、これまでの矯正治療の「常識」を変える治療です。海外では数多くの症例発表がされており、安全性や効果が認められています。ただし、治療を受けたい患者さんへ1つだけアドバイスがあります。本来はインプラントを使わないことが身体への負担も少なく望ましいです。学会などでやたら多くのインプラントを植立している症例なども見かけますが疑問を感じることもあります。

インプラント矯正しかしながら、症例によっては非常に効率的かつ短期間で歯の移動ができるため、「薬事承認」されたのをきっかけに当院でも積極的使用しております。出来る限り安全で違和感の少ない部位を研究しております。現在は患者さんへの負担を考慮し、写真のように奥歯の位置に植立することが増えております。

インプラント矯正の費用について

当院ではこのような事情から、インプラント矯正を気軽に行うことができないのですが、患者さんの矯正治療の負担が減り、治療時間も短縮することができるため、難治症例や「スピード矯正」を希望される患者さんを中心に使用をしているのが現状です。残念ながら、このインプラントスクリュー植立の成功率は優れたドクターでも80%前後なのが現状です。当院の成功率もあまり変わりません。まだ新しい技術なので致し方ないですが、治療技術が確立して成功率が100%に近くなるまでは無償(通常の矯正料金のみ)で処置いたします。