当院での院内感染予防対策

▹ 治療するユニットは全て個室仕様

歯科治療に使用される回転器具や超音波スケーラ−により、唾液や血液などが一時的に空気中に舞ってしまう可能性があるため、完全個室仕様にして相互感染を防止しております。個室なのでお子様などと一緒に診療室に入室することも可能です。

▹ 使い捨て器材で相互感染予防

あたりまえのことですが、すべての患者さんには必ず新品のグローブを使用し、一度使用したグローブはその患者さん以外には使用いたしません。席を外す場合も、新たに新品のグローブを装着します。また、歯科用器具をおくトレーやエプロン、歯の型をとる印象トレーなどはディスポーザブルのものを使用し、感染予防を徹底しております。

▹ 大型のガス滅菌器完備

矯正器具は通常の歯科用滅菌器では、滅菌ができないものが多いのが現状です。これを解決するために大型のガス滅菌器を完備し、矯正治療に使用するほとんどの器具を滅菌可能となりました。使用する器具は滅菌パックに入れて滅菌を行い、診療直前に取り出します。

▹ 次亜塩素酸水の利用

患者さんが座る歯科用ユニットなどは通常アルコールで清拭することが多いですが、アルコールの欠点として血液が固まり、ウィルスも不活化できない欠点があります。そのため、当院ではクリニーングでも使用する次亜塩素酸水を感染予防対策に利用しております。毎日治療直前に製造しなければいけないので手間がかかりますが、虫歯菌や歯周病菌、ウィルス等にも絶大な効果があります。

(次亜塩素酸水の各種微生物についての殺菌効果:培養した大腸菌、黄色ブドウ球菌、MRSA、サルモネラ菌、緑膿菌、レンサ球菌、枯草菌、カンジダ、黒コウジカビの各種微生物を、微酸性次亜塩素酸水に添加し、経時的に生菌数を測定し、殺菌効果を検討したところ、枯草菌以外の微生物に関しては、1分でほとんどが死滅した。枯草菌については、接触3分後にほとんどが死滅した。)