矯正治療中のクリーニングについて

矯正歯科治療には特殊な技術と知識が求められますが、矯正装置がついている歯に対してのクリーニングも特殊な技術と知識が必要となります。矯正装置を装着すると確実に虫歯や歯周病のリスクが増加します。したがって、本来は矯正治療中に予防歯科を専門的に行っている医院に紹介するのが最も望ましいのですが、予防歯科を専門的に行っている医院でも矯正装置が入った状態でのクリーニング経験があまりないのが現状です。

つまり、一旦、矯正装置を装着してしまうとクリーニングが満足にできない状況に陥る可能性は否定できません。そこで、当院では虫歯や歯周病のリスクが高いかたには、矯正治療前にホワイト二ングなどで使用するカスタムトレーを使用して、「3DS」を行います。「3DS」とは「dental drug delivery system」の略で、抗菌剤により虫歯や歯周病の原因菌を殺菌し、虫歯や歯周病の予防を行う方法です。虫歯菌や歯周病菌を殺菌するための抗菌剤を入れるためのカスタムトレーを併用し、抗菌剤を効率的に歯面に作用させることができます。効果は3、4か月続きますので、矯正装置が入った状態でのクリーニングに慣れるまで虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。

しかし、装置が入ってしまうと上記の「3DS」も使えなくなります。矯正装置の周囲のクリ−ニングは非常に困難ですので、衛生指導を行っても磨き残しの部分はどうしても出てきてしまいます。当院でも、プロフェッショナルクリーニングやフッ素塗布などで対処したしますが、それでも虫歯や歯周病のリスクが高まるかたがいらっしゃいます。ひどい場合は、装置を一度外すなどして、矯正治療が進まなくなることがあります。せっかく、キレイになるために矯正治療をしているのに虫歯や歯周病なっては意味がないからです。

最新のレーザーで無痛的に予防処置が可能

そのような状況の中、最新のレーザー治療は虫歯予防効果や歯周病予防効果があることも数多く報告されております。特にEr:YAGレーザーは安全性も高く、予防治療に非常に効果があります。当院ではこのEr:YAGレーザー治療も取り入れているため、虫歯や歯周病のリスクの高いかたにもある程度対応できるようになりました。私は個人的にレーザー治療はこれまでの歯科治療の常識を変えると予想しています。詳しくはレーザー治療の項目もご覧下さい。


マウスピース矯正 裏側矯正 舌側矯正
部分矯正 プチ矯正 インプラント矯正 スピード矯正
小児矯正 子どもの矯正 ブライダル矯正
レーザー治療 ホワイトニング
医院の地図

>>クリックで拡大
医院の情報

自由が丘駅南口から徒歩1分
自由が丘セントラル矯正歯科
〒158ー0083
東京都世田谷区奥沢5-25-9
インディペンデンス5階
TEL:0120-915-902
TEL:03-6421-1020
FAX:03-6421-1030
メール:
午前10:00〜午後9:00
休診日:月曜日、祝日